BUZZCAST YouTuber利用規約

この利用規約(以下「本利用規約」といいます)には、BUZZCAST株式会社(以下「BUZZCAST」といいます)の、下記に定義するウェブサイト、BUZZCASTが提供するオンラインサービス『BUZZCAST』(以下これらを総称して「本サービス」といいます)においてYouTuber用に提供するサービスに関する重要な内容が記載されておりますので、利用者は、本サービスを利用する前に熟読してください。本利用規約は、利用者とBUZZCAST との間の法的拘束力を有する合意であり、利用者が本利用規約の記載に同意することにより、BUZZCASTと利用者を拘束します。本サービスの利用やアクセスには、本利用規約に同意していただくことが前提となります。本利用規約の適用のあるすべての規定に無条件でご同意いただけない場合、BUZZCASTが提供する本サービスを利用したり、アクセスする権利を得ることはできませんのでご留意ください。

1. 目的

1.1 BUZZCASTは、YouTuberと動画の制作を依頼する広告主をマッチングし、YouTuber動画等の制作業務を委受託するサービスを提供するものとし、利用者は、これを本利用契約に従って利用するものとします。

1.2 利用者は本利用契約に規定される全ての諸条件と、BUZZCASTより利用者に対し提示される全ての適用規約や方針に同意するものとします。これらの適用規約や方針は、本利用規約の一部を構成するものとします。

2. サービスの範囲

BUZZCASTは、利用者に対して、利用者及びその他のYouTuberに関連する情報提供サービスを提供するものとします。また、本利用規約は、BUZZCASTが、利用者に対して、BUZZCASTの顧客である広告主(以下「広告主」といいます)の商品またはサービスに関する動画(以下「本件動画」といいます)の制作を委託する場合の条件を定めるものとします。

3. アクセス

3.1 BUZZCASTは、本サービスをいかなる時点においても停止、中止または廃止することができ、通知義務や責任を負うことなく機能やサービスの一部に制限を設けたり、全部或いはその一部を問わず本サービスへの利用者のアクセスを制限することができます。BUZZCASTは、その独自の判断において、いかなる時点においてもBUZZCASTのウェブサイトに掲示することで、あるいは電子メールにより利用者に通知することで、本利用規約の規定を変更することができます。利用者は自ら本利用規約の変更を確認し、理解するものとします。また、本利用規約の更新後も本サービスを利用することによって、利用者は本利用規約の変更内容を承諾したものと看做され、利用者が本利用規約の規定や変更後の利用規約に合意できない場合は、本サービスの利用やそれに対するアクセスを中止するものとします。

3.2 本サービスの利用に先立ち、または実際の利用に際し、利用者はBUZZCASTに対して以下の事項を表明して保証するものとします。

(1)利用者が法人ではなく個人の場合は、法的拘束力を有する契約を締結できる法定年齢に達しており、また20歳以上であること(20歳未満の場合は保護者または後見人の合意を得ていること)。

(2)本サービスの利用に際し、利用者がBUZZCASTに提出した登録情報の内容が正確であること。

(3)登録情報の提出後も当該登録情報内容の正確性を維持すること。

(4)利用者による本サービスの利用やそれへのアクセスが法的に認められていること。

(5)利用者が利用するサービスの選択、その利用、またサービスへのアクセスについて、利用者が全責任を負うこと。

4. アカウント管理

4.1 BUZZCASTは、利用者に対して、本サービスの利用に際し、アカウント(以下「アカウント」といいます)を発行するものとします。

4.2 利用者は如何なる場合においても、アカウントを第三者に譲渡または貸与することはできないものとします。

4.3 利用者は、アカウントについて、不正利用の防止に努めるとともに、自己の責任の下、厳重に管理するものとします。BUZZCASTは、アカウントを第三者に利用されたことによって、利用者に生じた損害等について、如何なる責任も負わないものとします。

5. 制作委託

5.1 BUZZCASTが利用者に対して、本件動画の制作を委託する場合には、発注年月日、目的物の内容、仕様、数量、納期、納入場所、業務委託料、支払日等を定めた個別契約を締結するか、または、当該事項を記載した電子メールによりもしくはウェブサイト上で通知を行い、利用者が当該通知に対し、電子メールによるまたはウェブサイト上での承諾の意思表示をすることをもって成立するものとします(以下「個別契約」といいます)。

5.2 本利用規約は、利用者とBUZZCASTの本業務に関する基本事項を定め、全ての個別契約に適用されます。個別契約の定めと本利用規約の定めに齟齬があるときは、個別契約の定めが優先して適用されます。

5.3 利用者は、本利用規約で明示的に定める場合またはBUZZCASTが事前に承諾した場合を除き、本サービスによりマッチングした案件について、本サービスを利用せずに、広告主と直接取引を行ってはならないものとします。

5.4 利用者が前項に違反した場合、BUZZCASTは、当該利用者に対して業務委託料(利用者が前項に違反した取引だけではなく、BUZZCASTとの他の取引に係る業務委託料を含みます。)を支払わないものとします。本項の規定は、業務委託料の額を超える損害についての、BUZZCASTの利用者に対する損害賠償請求を妨げるものではありません。

6. BUZZCASTによる素材の提供

6.1 BUZZCASTは、本件動画に必要な商品またはサービスならびにこれに付随する画像や映像等のコンテンツ、ロゴ、キャッチ・コピー等の素材(かかる商品・サービス及び素材を、以下「広告主提供素材」と総称します。)を、必要に応じて、利用者に対して、提供するものとします。

6.2 別途定める場合を除き、BUZZCASTは、広告主提供素材及び関連する広告主の商標等に関して、使用、コピー、再生、配信、ディスプレイする実施権を、本件動画の制作・配信に必要な限度において、利用者に非独占的に許諾するものとします。

6.3 前項に関わらず、利用者は、BUZZCASTが、要求した場合には、直ちに、広告主提供素材及び関連する広告主の商標等の使用を中止するものとします。

7. 納入・検査

7.1 BUZZCASTは、利用者から成果物(以下「本件成果物」といいます)の納入を受けたときは、受領後7日以内に本件成果物を検査し、当該個別契約の仕様に合致すると判断した場合には、利用者に対して承認する旨を通知するものとします。

7.2 BUZZCASTは、前項の検査において本件成果物が個別契約の仕様に適合しないと判断した場合、利用者に対して修正を要求することができ、利用者は、かかる要求を受けた場合、自らの責任と費用負担で本件成果物を修正し、BUZZCASTに再納入します。

7.3 再納入を受けた本件成果物の検査については、第1項及び前項の定めに従う。

7.4 利用者は、納期までに本件成果物を利用者に提出することが不可能であると判断した場合には、直ちにBUZZCASTに通知の上、BUZZCASTの指示に従う。

7.5 利用者は、7.1の承認の通知を受領した場合、本件動画を自己のYouTubeチャンネル上、一般公開する手続を取り、本件動画が自己のYouTubeチャンネル上に掲載されている状態を維持するものとします。ただし、個別契約において掲載期間が定められている場合は当該期間に従うものとし、また、利用者が、本件動画を自己のYouTubeチャンネルから削除することを希望する場合には、BUZZCASTと協議し、合意のうえ、削除するものとします。

8. 制作動画の代金

8.1 制作された動画の代金は、個別契約で別途定めた価格とします。

8.2 BUZZCASTは利用者に前項に定める代金及び消費税相当額を支払うものとします。BUZZCASTは利用者が個人の場合には所定の税額の源泉徴収を行います。

8.3 利用者とBUZZCASTが別途合意する場合を除き、BUZZCASTは、利用者と別途合意する支払期限までに、前項の対価の全額を利用者が指定する銀行口座に振込む方法により支払うものとします。ただし、個別契約において、これと異なる支払方法を定めた場合は、当該方法によるものとします。銀行振込手数料その他支払に要する費用はBUZZCASTの負担とします。

9. 知的財産権等

9.1 本件成果物の著作権は、広告主提供素材に係る権利を除き、利用者に帰属するものとします。

9.2 利用者は、BUZZCAST及び広告主に対して、本件成果物の利用について、個別契約で定めるとおり許諾するものとします。

9.3 9.1に定める本件成果物及び広告主提供素材に係る権利を除き、当事者間において、本サービスから生じる分析結果の情報、その他本利用規約に関連してBUZZCASTが生成する全てのデータ(以下「本件データ」といいます)にかかる知的財産権その他の権利は、BUZZCASTが保有・維持するものとし、BUZZCASTは本件データを自由に利用(第三者に対する提供を含みます。)することができるものとします。

9.4本利用規約に基づく契約が解除によって終了する場合、利用者はBUZZCASTに対して、すべての広告主提供素材、その他のドキュメント等、その他関連してBUZZCASTが利用者に提供した書類、素材、データ等を返還または破棄します。

9.5 利用者は、BUZZCASTまたは広告主が利用者の名称もしくはロゴまたは本件動画をいかなる広告、宣伝、または他の市場活動において使用することに同意します。BUZZCASTまたは広告主は利用者の名称もしくはロゴまたは本件動画を利用者の評判に悪影響を及ぼす形では使用しないものとします。

10. 表明保証

10.1 各当事者は、他方の当事者に対し以下の事項を表明し、かつ、保証するものとします。

当事者が本利用規約に基づく契約を締結する完全な権利、能力、権限を持つこと。

本利用規約に基づく契約の有効期間中、当該契約の締結と当該契約に基づく義務の履行のために、あらゆる適用法、規則及び規定に従ってその全ての必要な許認可、権限、承諾または同意を取得しており、かつ、当該契約の有効期間中維持すること。

10.2 利用者はBUZZCASTに対し以下の事項を表明し、かつ、保証するものとします。

利用者が会社組織または他の法人組織である場合、本利用規約に基づく契約の締結や目的である取引のために必要な承認を全て取得し、利用者による条件の履行はいかなる法律、法令または条例、法的拘束力を持つ協定や契約に違反しておらず、また今後も違反しないこと。

契約における義務の履行によって、重大な事態を招く恐れのある法的拘束力のある協定や契約の不履行のないこと。

本件成果物に、知的財産権、企業秘密、人格権、プライバシーの権利、肖像権、または第三者の財産権を含む、第三者の権利を侵害する恐れのあるいかなる物も含まれていないこと。

本件成果物にいかなるウイルス、トロイの木馬、トラップ・ドア、バック・ドア(秘密の裏口)、イースター・エッグ(隠し機能)、ワーム、時限爆弾、キャンセルボット、または他の本サービスにダメージを与えたり妨げたりシステム・データ、個人情報の傍受、不正没収を起こす可能性のあるプログラムのルーティンも含んでいないこと。

本件成果物に公序良俗に反するコンテンツが含まれておらず、これに関するいかなる適用法、規則、規定にも違反していないこと。

利用者が暴力団、暴力団構成員・準構成員、暴力団関連企業、総会屋、社会運動標ぼうゴロ、政治活動標ぼうゴロ、特殊知能暴力団、その他の反社会的勢力に該当しないこと。

いかなる法律、制定法、条令、規制にも違反しないこと。

有害、詐欺、虚偽、脅迫、虐待、いやがらせ、不法、中傷、卑属、わいせつ、名誉毀損など、不適切な方法で利用しないこと。

11. 相互の免責事項

11.1 一方の当事者は他方の当事者に対し、当事者による保証違反から生じる全てのクレーム、損失、損害、税金、合理的な弁護士費用、訴訟費用を補償し、かつ他方当事者に損害を被らせないことに各当事者は同意します。補償を受ける当事者は補償を行う当事者に対し、(1)訴訟またはクレームがあった場合に、直ちにその旨を書面により通知し、(2)当該訴訟またはクレームの弁護、調停についての責任者についての情報を提供し、(3)当該訴訟、またはクレームから防御及び/または解決するための適切かつ充分な情報と、合理的な支援を提供します。補償を受ける当事者は補償を行う当事者の事前承諾なしにいかなるクレームの和解も行わないことに同意し、当該承諾は不当に留保、または遅延されないものとします。

12. 免責:保証責任

12.1 本利用規約において明示的に規定されている場合を除き、BUZZCASTは、明示、黙示、法的、慣習、取引の過程、商慣習に関わらず、また本サービスまたはBUZZCASTの供給する他のサービスを含むいかなる事項に関しても、いかなる種類の保証からも、明確に免責されるものとします。BUZZCASTは、権利侵害をしていないこと、商品性、特定目的との適合性の保証、または本サービスが中断なく、エラーがない状態であることを保証するものではありません。

12.2 本サービスは現状有姿で提供されるものであり、BUZZCASTは本サービスに関して一切の保証をしないものとします。BUZZCASTは、ウェブサイトまたは本サービスに関して永久的、安定的、エラーのない、または安全なアクセスを完全に保証するものではなく、本サービスは、メンテナンス、アップグレード、またはBUZZCASTの合理的な支配の及ばない多くの外的要因によって一時的に中断されることがあります。BUZZCASTは本サービスを利用した結果について保証を行わず、利用者はそれらに関しての全てのリスクと責任を負うものとします。

13.損害賠償責任の制限

13.1 いかなる場合においても、BUZZCASTは、(1)代替品やサービスの購入のための費用、利益、データもしくは事業の損失、(2)間接的、偶発的、結果的もしくは懲罰的損害、または(3)信用の喪失もしくはBUZZCASTのウェブサイトもしくは本サービスへのアクセスもしくは利用に関連して生じる損害に対して、その責任を負わないものとします。BUZZCASTの利用者や第三者に対する全ての責任は、契約責任であるか、不法行為責任であるかを問わず、故意または過失に基づくかを問わず、直接かつ現実の損害に限定されるものとします。

14. 守秘義務

14.1各当事者は一方の当事者(開示当事者)から他方(受領当事者)に対して書面や口頭その他の手段で開示する情報のうち、開示の状況から合理的に機密と見なされる一切の情報(以下「機密情報」といいます)を保持し、いずれの当事者もいかなる目的によってもいかなる第三者に対して、本利用規約における義務の履行、または権利の行使のため、または本利用規約において別途定める場合を除いて、他方の当事者の機密情報を開示してはならないものとします。ただし、この制約は以下の情報には適用されないものとします。

開示当事者の事前の書面による同意により、第三者への公表または開示が許諾されている情報。

開示当事者からの受領時に、受領当事者が既に保有していた情報。

受領当事者の過失によらず、受領当事者が開示当事者から受領した後、公知となった情報。

開示当事者により第三者に守秘義務を課すことなく提供された情報。

開示当事者の機密情報を使用したり、本利用規約に違反することなく、受領当事者により、独立して開発された情報。

政府機関の要請により、または法令に基づき、開示が必要な情報、ただし、受領当事者が開示当事者に対し当該要請について開示に先立ち書面により通知し、開示当事者とその開示方法について協議することを条件とします。

14.2 前項に関わらず、BUZZCASTは、機密情報を自社または自社の親会社、子会社及び関連会社が社内で利用するために利用することができるものとします。また、BUZZCASTは、機密情報を本件動画の制作を広告主から受注するのに必要な範囲で、本条と同等の義務を課したうえで、広告主に開示することができるものとします。

14.3 本条の義務は、BUZZCASTが利用者を特定できない形式で生成した本件データには適用されないものとします。

15. 制限

15.1 利用者は、本サービスに関連する自らによる一切の行為に責任を負うものとします。利用者は、逆コンパイルやリバースエンジニアリングなど、本サービスのソースコードを取得しようとする行為を行ってはならないものとします。

15.2 利用者は、以下に該当する本件動画を制作することはできないものとします。

(1)法令に違反し、または、違反するおそれのあるもの

(2)社会規範、公序良俗に反するものや、他人の権利を侵害し、または、他人の迷惑となる以下のようなもの

(3)誹謗中傷するもの、名誉を棄損するもの

(4)著作権や商標権等の知的財産権を侵害するもの

(5)プライバシーを侵害するもの、個人情報の取得、管理、利用等に十分な配慮がされていないもの

(6)他人を差別するもの、人権を侵害するもの

(7)セクシャルハラスメントとなるもの

(8)詐欺的なものまたはいわゆる悪質商法とみなされるもの

(9)投機心を著しくあおる表現のもの

(10)非科学的または迷信に類するもので、利用者を惑わせたり、不安を与えるもの

(11)犯罪を肯定、美化、助長するもの

(12)反社会的勢力によるもの

(13)醜悪、残虐、猟奇的等で不快感を与えるもの

(14)性に関する表現が露骨なもの

(15)個人情報の入力を必要とする出会い系やそれに準ずるもの

(16)売春や援助交際のあっせんまたはこれらを正当化したり、推奨したりするもの

(17)児童ポルノを連想させるもの

(18)サービス、商品の内容が不明確なもの

(19)業界で定めるガイドラインなどに違反し、または、違反するおそれのあるもの

(20)Youtubeの規約に違反するもの

(20)その他、BUZZCASTが不適切と判断したもの

15.3利用者は、BUZZCASTの指示があった場合には、YouTubeチャンネルにおいて公開された本件動画の公開を中止するものとします。

16. 法令遵守

16.1 利用者は本サービスの利用に際し、適用のある全ての法律、規則、規約に従うことに同意するものとします。

16.2 BUZZCASTは、本利用規約に対する違反行為の発生、または適用法規、規則、法的手続き、または政府の要請への遵守の判断決定のため、利用者の本サービスの利用について調査する権利を保有しますが、その義務を負わないものとします。

17. プライバシーに関する方針

17.1 個人が特定できる情報の取り扱いについては、プライバシー保護に関するBUZZCASTの方針が【プライバシーポリシー】で参照でき、この方針は本利用規約の一部を構成します。利用者が本利用規約を承認することはまた、BUZZCASTのプライバシーに関する方針を承認して合意することを意味します。当該プライバシーポリシーは、通知なく随時変更や修正が行われる場合があります。

18. 第三者のウェブサイト

18.1 本サービスには、BUZZCASTが所有や管理していない第三者のウェブサイトへのリンクが含まれる場合があります。利用者が第三者のウェブサイトにアクセスする場合、利用者はアクセスを実行することに対して責任を負うものとします。

19. 期間

19.1 BUZZCAST及び利用者の間で別途合意なき限り、本利用規約に基づく契約は、利用者が本利用規約に同意して本サービスを利用開始したときから効力を生じ、1年間有効であるものとします。ただし、当該有効期間満了日前の1カ月前までにBUZZCASTまたは利用者のいずれかが相手方に契約を終了したい旨通知しない限り、契約期間はその後1年間継続されるものとし、以降も同様とします。

19.2 本利用規約に基づく契約が事由の如何を問わず終了した場合であっても、4.3、5.3、5.4、6.3、7.5、9、11乃至15、本項、20.4、20.5、21及び22はなお有効に存続するものとします。

20. 解除

20.1 両当事者は、相手方に以下のいずれかの事由が生じた場合には、何らの催告を要することなく本利用規約に基づく契約を解除することができるものとします。

本利用規約の条項に違反し、相当の期間を定めて催告しても違反状態を是正しないとき。

手形または小切手の不渡りを出したとき。

破産の申立、民事再生手続開始の申立、会社更生手続開始の申立、若しくは特別清算開始の申立、またはそれらの手続の開始があったとき。

仮差押、仮処分、差押、滞納処分または競売手続の開始があったとき。

営業を停止若しくは廃止し、または事業譲渡、変更、解散、合併の決議をしたとき。

第三者に企業買収されたとき。

その他財産状態が著しく悪化し、またはそのおそれがあると認められる相当の事由があるとき。

20.2 BUZZCASTは、利用者に対して書面により通知することによりいつでも本利用規約に基づく契約を解約することができるものとします。利用者は、BUZZCASTに対して書面により30日前に通知することによりいつでも同契約を解約することができるものとします。

20.3 利用者が10.2(6)に定める反社会的勢力に該当することが判明し、または以下の各号の一に該当する事由がある場合、BUZZCASTは何らの催告を要せず本利用規約に基づく契約を即時解除することができるものします。

反社会的勢力が経営を支配または実質的に関与していると認められるとき

自らまたは第三者の不正の利益を図るもしくは、第三者に損害を加える等の目的で不当に反社会的勢力を利用したと認められるとき

反社会的勢力に資金等を提供し、または便宜を供するなどの関与をしていると認められるとき

自らまたは第三者を利用して暴力的な要求行為、法的責任を超えた不当な要求行為、脅迫的な言動を行い、もしくは暴力を用いる等の行為を行ったとき

その他前各号に準ずるとき

20.4 前項に基づき本利用規約に基づく契約が解除された場合、BUZZCASTは利用者に対し、同契約終了に伴い生じた損害について賠償を求めることができるものとします。

20.5本契約に基づく契約が解除された場合、利用者が本サービスの利用、ウェブサイトや内容へのアクセスに対して有する権利は即時消滅します。

21. 不可抗力

21.1 いずれの当事者も、テロリズム、火災、動乱、戦争、蜂起、地震、水害、その他同様の現象など、その合理的な支配の及ばない事由に起因する場合、またはその他当事者の過失のない場合、本利用規約が規定する義務について、その不履行や履行遅延に責を負わないものとします。ただし、義務の履行を妨げたり、遅延させたりする原因が消滅した後は、即時に履行を再開しなければならないものとします。

22. 雑則

22.1 各当事者について、本利用規約が規定するいずれかの権利を行使しなかった場合も、その他の権利を放棄したとは見なされないものとします。

22.2 本利用規約のいずれかの規定が実行不可能あるいは無効と判断された場合、当該規定は削除され、その元来の意図をもっともよく反映する新たな規定に取って代わられるものとします。また本利用規約の他の規定の有効性にはまったく影響しないものとします。

22.3 BUZZCASTが事前に書面で同意する場合を除き、利用者は本利用規約を譲渡したり、再実施権(サブライセンス)を許諾できないものとします。BUZZCASTは本利用規約またそれが規定する権利及び義務を利用者の同意を得ることなく移転、譲渡また委任することができるものとします。

22.4 本利用規約は、日本の法律に則って解釈され、両当事者は、本利用規約に関連するいかなる紛争であっても東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とすることに合意します。